​べっ甲の魅力

 日本人が、古来からべっ甲製品を好むの理由は、べっ甲製品が日本人の細やかな心遣いやしぐさ、物腰のやわらかさにぴったりフィットしているからです。それだけではなく、これらを一層際立てるのに効果を発揮しており、また、実用的にも優れたものと言えます。たとえば、「眼鏡」の場合肌にやさしく、軽く、顔の形状に馴染みやすく、使用感が大変良いです。

素材の特性として冬は暖かく、夏は涼やかで、使う人に安心と満足感を与え、活動的な現代人にぴったりです。

 洋装品としてペンダント、ブローチ、ネックレス、イヤリング、指輪。和装品としてかんざし、櫛、帯留、髪留等鼈甲の柔らかなツヤや色の変化は現代女性に潤いと満足感を与えています。

 

 親から子へ、またその子供へと古き良き物(べっ甲製品)が継承され、利用されているのは人類にとっても貴重な財産であると言えます。

また紳士用品や、時計も愛用され、特に三味線のバチは音色が代用できない貴重な素材です。

 

 このように、べっ甲製品が現代にも確固として人々の心の中に根付いているのは、これを支える日本の職人の心意気とその技術が評価されていることの証左でもあります。

 日本人はこの良きライフスタイルを末永く守っていきたいと念願しています。